ラグビースクールネットワークインフォメーション

フォロー

正々堂々と戦い、力を出し切ったあとは勝敗に関係なく相手チームの選手とも仲良くなる。民族、人種に関係なく交流し、お互いの立場を尊重して、ラグビーを楽しむ。ラグビーワールドカップ日本大会では世界中の選手が、そんな清々しいシーンを見せてくれました。子供たちにラグビーをやってほしいと思った皆さんは多かったでしょう。日本には全国各地にたくさんのラグビースクールがあります。どのチームの指導者もラグビー文化を愛し、熱意をもって子供たちに接しています。みんなラグビーが大好きになるでしょう。しかし、いろんな学校に教育方針があるように、ラグビースクールにも特色があります。どんな場所で、どんな方針で運営されているスクールなのかを知り、それぞれの子供たちに合ったチームを決めてみてはどうでしょう。このインタビューでは各スクールの特色をご紹介します。ぜひ、現場の声に耳を傾けてみてください。


ラグビージャーナリスト 村上晃一


村上晃一の「ラグネット」インタビューシリーズご紹介】
※スクール名をクリックするとインタビュー記事に飛べます。

New!  第三回:橿原オークス「礼儀正しく、ラグビーを楽しもう!」

第二回東大阪KINDAIクラブラグビースクール「練習、友達、コーチ【3つの楽しい】があるスクール」

 第一回芦屋ラグビースクール 「一生付き合える仲間を作ろう!」

関連記事

MENU