ラグビーママの栄養バイブル⑥

【もしかして力が出ないのは鉄分不足が原因かも】

 

こんにちは

アスリート個別栄養サポートの

管理栄養士喜多みのりです。

 

鉄分不足って女子だけのものと思っていませんか??

 『朝起きられない選手』

『練習についていけない選手』
 『なんだかバテやすい選手』

そんな選手は必見です。

 

スポーツ選手と鉄分は深い関係があり、

鉄分不足がパフォーマンスの質のカギを握っています。

 

今日はそんな『鉄分』についてのお話です

 

サポート選手達には血液検査を定期的に行ってもらっています。

なぜなら、体内の栄養状況をしっかり確認することで、アプローチの方法が変わってくるからです。

その血液検査でかなりの割合で改善の余地がある項目が鉄分です。

 

実際に貧血の症状がなくても、

潜在的に鉄不足の選手、

持久力がなかなか上がらない・・と悩む選手の血液データーを見ると鉄不足だった

などということが多く見受けられます。

 

鉄は血液の酸素を運ぶ働きをしています。

こちらが足りないと、体の隅々まで酸素を運ぶことができなくなり、

疲れやすくすぐにバテてしまう体になります。

また、今の季節は大量の汗をかくようになり、汗からも鉄が抜けていってしまうのです。

 

そして成長期の選手は成長に伴いたくさんのミネラルが必要です。

 

【身長を伸ばすために】と

カルシウムの補給だけ頑張っていませんか??
 

貧血予防・鉄分をしっかり補給し、パフォーマンスを上げるための秘訣はどういったものでしょうか?

こまめに鉄分補給+鉄分の吸収を促進するものを一緒に摂る

ということがポイントになってきます。


 鉄分の多い食材は、レバーや赤身肉、ほうれん草や小松菜、あさりにも多く含まれています。

こういった食材を日々の生活で取り入れること。

また、鉄分の吸収を促進する栄養素の一つにビタミンCがあります。

赤身肉をソテーして、レモン汁をかけたり、ほうれん草サラダにパプリカを入れたり

オレンジジュースや果物を一緒に摂るのもいいですね。

 

 

このようにして、コツコツと積み重ねていくことで、潜在的な鉄不足が改善され、持久力が上がったり、体が温まりやすくなったりします。

 

今年の夏休み、一段とレベルアップできるように、

ぜひ活用してみてください♪
 皆さんのこれからの変化が楽しみです!

 
【喜多みのりプロフィール】

プロ〜小学生のサッカー、野球、ラグビー、陸上、ゴルフ、バスケ、ボクシング、審美系競技など様々な選手を東京・大阪を中心に全国でアスリートの目標達成を栄養面からサポート。

 

背を高くしたい・身体を大きくしたい・バテにくい身体を作りたい

アスリートのパフォーマンスUPのための考え方やコツを発信しています★ 

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC-HXGNi0KeGs16kX_4pEMSw 


 

関連記事