ヒーローズカップ実行委員長と副実行委員長が発表されました

空席になっていた「ヒーローズカップ」の実行委員長と副実行委員長がNPOヒーローズ、ヒーローズカップ実行委員会から発表されました。実行委員長に元日本代表で現在東芝ブレイブルーパスで普及を担当する大野均さん、副実行委員長に同じく元日本代表で現在Bring Up Rugby Academy 他ラグビーチームでコーチを務める菊谷崇さんの就任が本日(5月25日)、NPOヒーローズ代表理事・ヒーローズカップコミッショナー深尾敦さんから発表されました。2人はヒーローズカップの試合や代表者会議にも参加していた関係から白羽の矢が立ちました。また、NPOヒーローズ主催の小学生女子ラグビー選手を対象にしたラガールキャンプのコーチを共に勤めています。「こども世代へのラグビー普及と育成」と言うNPOヒーローズのテーマに賛同し今回のお役を引き受けました。新型コロナウイルス感染拡大によるラグビーキッズのラグビー大会が中止や延期される中、日本代表キャップ98と68の大きな2人の話題はラグビーキッズに明るい話題を提供してくれました。

*ヒーローズカップ:小学5、6年生が参加でき北海道から沖縄までの全国260のラグビースクールが参加して日本一を決める大会。今回で14回目となる。

*大野均:2007年、2011年、2015年のワールドカップ出場、日本代表キャップ98は日本歴代1位、昨年現役を引退し、現在東芝ブレイブルーパスの普及担当として活動。

*菊谷崇:2011年ワールドカップ日本代表キャプテン、日本代表キャップ68は日本歴代5位、7人制ラグビー日本代表2005年ワールドカップ出場、現在 Bring Up Rugby Academy など複数チームのコーチとして活躍中。

関連記事