日本一はどこになるのか?

本日3月27日(土)開催される第13回リポビタンヒーローズカップ決勝大会は全国250ラグビースクールの中から、地方大会を勝ち抜いて来た16チームが出場します。この16チームの中から日本一が決まります。10時キックオフの第1試合は吹田ラグビースクールーつくしヤングラガーズの対戦になります、吹田は決勝大会の常連、つくしは優勝経験のある強豪です。吹田の星山キャプテンは、この試合終了後英国へのラグビー留学に旅たちます、つくしとの第1試合から好勝負となります。一方のBグランドは岡山ラグビースクールー熊谷ラグビースクール戦、中四国代表として初めて決勝への出場となる岡山が関東の強豪の中でもまれた熊谷にどう挑むか。第2試合A練馬ラグビースクールー船川くじらっこラグビースクール戦は大型選手を抱える船川に、練馬のコンビネーションが通じるか。Bグランド川崎市ラグビースクールー鈴鹿ラグビースクール戦は試合運びの上手な同じタイプの試合となります。コロナ禍での練習不足の川崎市がどこまで出来上がっているか。第3試合A名古屋ラグビースクールー山の手ラグビースクールは1回戦の好カード、名古屋も決勝大会に慣れてきています、山の手が挑む形になります。Bグランド八尾ラグビースクールーグリーンクラブラグビースクールは東西の力が分かる対戦となります。関西勢の優勢が本物か分かる試合となります。第4試合Aは横須賀市ラグビースクールーKiwis戦は、これも東西対抗となります。Kiwisは今年はどんな策を持って来たか、横須賀市が慌てなければいいが。Bグランドは大分ラグビースクールー西宮甲東ジュニアラグビークラブ、優勝候補筆頭の西宮甲東に大分がどのような試合をするか楽しみな一戦となります。今回は15分1本勝負、試合途中での立て直しは難しい、キックオフの瞬間から全力を出せるかが勝負となります。どこが勝つのか、いよいよ明日キックオフです。


いいね

ストック

関連記事