練馬ラグビースクールに所属する5年生荒快紀選手からの「エール」

新型コロナウイルスと戦ってくれている医療従事者の皆さんへの「エール」が、東京都の練馬ラグビースクールに所属する5年生荒快紀(あらはやき)選手から届きました。昨日からトップリーグも開幕しました。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、予定より遅れての開幕となりました。新型コロナウイルスと戦うドクターは、昨日のトップリーグの試合会場にも必ずドクターがいてくれます。そんな医療従事者の皆さんに「感謝のパス」を送ってくれた荒選手、ありがとう。医療物資と共に荒選手の「エール」も医療現場に届けます。ラグビーキッズからの医療従事者の皆さんへの「エール」受付を2月27日(土)まで続けます。
荒選手からの【エール】
「医療従事者の皆さまへ、いつもありがとうございます。ワンチームでコロナが少しでも治まるように、僕たちも感染予防を心がけます。医療従事者の皆さまもワンチームで頑張ってください。」


「エール」のお申込は、ラグビーエイド事務局 和久宛 mail: waku.k@ri-inc.net
*お名前・住所・ラグビースクール名・学年・掲載用写真(希望者のみ)をご記入の上 医療従事者の皆さんに「エール」を送ってください。当ラグビーキッズホームページにも掲載させて頂きます。
 エール受付は、2月27日 24時まで


クラウドファンディングお申込みは、こちらから☞「お申込み」
      締め切り: 2月21日(日) 24時まで

ラグビーエイドRUGBY AID~医療従事者支援~Vol3

募集終了
51%
Rkids<ラグビーキッズ>


ネットオークションお申込みは、こちらから☞「お申込み」
 締め切り: 2月27日(土) 22時まで


いいね

ストック

関連記事

MENU