大分ラグビースクールが大分市長を表敬訪問

第13回リポビタンヒーローズカップ決勝大会に九州を代表して出場する大分ラグビースクールの選手と校長、コーチが、大分市役所を訪問し、佐藤樹一郎市長に衛藤聡史キャプテンが決勝大会出場の報告と決意を述べました。決勝大会は1月30日、31日、横浜市ニッサンスタジアムで開催されますが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で出場辞退が2チーム出て来ており、開催が危ぶまれますが、大分ラグビースクールのように出場するチームのラグビーキッズは気合い充分です。無事の開催と、そして無事に終了する事を願います。


いいね

ストック

関連記事

MENU