どうなるか、ヒーローズカップ決勝大会

緊急事態宣言が発令されそうだが、ラグビートップリーグの開幕戦である、1月16日に東京の国立競技場で行われる、東芝ーNTTコミュニケーションの試合のチケットが、既に2万枚売れているとの事。トップリーグの太田チェアマンは、開催にあたり難しい判断を迫られます。このまま開催されるのか、観客数を減らしての開催か、中止もあるのか。発表が待たれます。また、1月30日、31日に横浜市のニッサンスタジアムで開催される、第13回リポビタンヒーローズカップ決勝大会も、緊急事態宣言が発令されると難しい決断をしなければならなくなります。ヒーローズカップの深尾コミッショナーが下す判断に注目されますが、ヒーローズカップ実行委員会は、今晩(1月5日)も状況分析の会議を開き対応が話し合われます。主催のNPOヒーローズは緊急の常任理事会を8日に開く事を決めたようです。決勝大会出場16チームは既に決まりましたが決勝大会開催の行方はどうなるのか、開催地神奈川県の状況から目が離せなくなりました。


いいね

ストック

関連記事

MENU