同点抽選

1月3日の花園、第100回全国高校ラグビー大会において、準々決勝戦の東福岡高校ー東海大大阪仰星高校が同点抽選となりました。ラグビーの試合ではつきものとは言え、くじを引くキャプテンの気持ちは如何ばかりかと心が痛みます。この試合は高校生ルールで30分ハーフに対し、後半は48分に及ぶ攻防が繰り広げられる好試合。執念と執念のぶつかり合い後半ロスタイムで得たペナルティーゴールの機会にも、東福岡はスクラムを選択、ラグビーの美学を感じる幕切れとなり抽選の結果、東福岡が準決勝進みました。観客がいたら、両校への拍手が鳴りやまない試合だったでしょう。トーナメント戦であるヒーローズカップでも引き分けの試合はあります。抽選で次戦に進むキャプテンは、冷静に相手のキャプテンに握手を求めます。勝って冷然、敗れて泰然であれ、グッドルーザーたれ。ヒーローズカップは249の敗けチームを作る大会です。 

 


いいね

ストック

関連記事

MENU