ヒーローズカップ北海道大会が行われました

10月10日(土)、11日(日)の2日間、札幌市豊平区月寒屋外競技場(月寒ラグビー場)にて、第13回リポビタンヒーローズカップ北海道大会が開催されました。台風の影響が心配されましたが、2日間とも晴天に恵まれ、ラグビーキッズたちの表情は試合が出来る喜びに溢れていました。

 

さて、例年と異なることは新型コロナウイルスへの感染防止対策が求められることです。大会に参加する全員(選手、保護者、大会関係者)に、2週間前からの検温が義務付けられており、一回でも37.5度を越えた人は、試合会場に入る事ができませんでした。また当日はサーモグラフィーを使用して検温チェックを行うなど、「全員」「安全」「完全」を合言葉に、関係者が一丸となって感染防止に取り組みました。

 

今大会は8チームが出場し、Aブロックに「山の手ラグビースクール」、「帯広ラグビースクール」、「遠軽ラグビースクール」、「札幌少年ラグビースクール」の4チーム、Bブロックに「函館ラグビースクール」、「北海道バーバリアンズジュニア」「OKHOTSKBLUEラグビーフットボールクラブジュニ」、「スピリッツオブオホーツクジュニア(合同チーム)」の4チームに分かれて、それぞれ2日目の決勝トーナメントを目指しました。その結果Aブロックは「山の手ラグビースクール」、「遠軽ラグビースクール」、Bブロックは「函館ラグビースクール」、「北海道バーバリアンズジュニア」の4チームが決勝トーナメントに進出しました。

 

2日目の決勝トーナメントでは、それぞれのブロックの1位と2位がたすき掛けで対戦し、ブロック1位であった「山の手ラグビースクール」と「函館ラグビースクール」が決勝に勝ち進みました。パワーとスピードを兼ね備えた「函館ラグビースクール」に対して、組織ディフェンスがしっかりしている「山の手ラグビースクール」が守り切り、攻撃面では展開ラグビーでパスを繋いでトライを重ねた結果、50対0で「山の手ラグビースクール」が見事勝利いたしました。

 

第13回北海道大会の優勝チームとなった「山の手ラグビースクール」には、来年1月30日31日に行われる第13回リポビタンヒーローズカップ決勝大会の切符となる賞状がキャプテンに授与されました。

 

(特派員便り:財満)


クラウドファンディングは、こちらから
Rkids<ラグビーキッズ>

第13回リポビタンヒーローズカップ~新型コロナウイルス感染防止対策にご支援ください~「全員」の「完全」な「安全」を

残り2日
118%
Rkids<ラグビーキッズ>

いいね

関連記事

MENU