ラグビーアカデミー誕生

「ラグビー フレンドシップ アカデミー」がスタートします。ラグビースクールとは一線を画した存在として、ここの所ラグビーアカデミーの新設が増えて来ています。ラグビースクールの指導者はボランティアが基本で、活動は週末にならざるを得ません。一方のラグビーアカデミーは入会金や会費を徴収し、有給の指導者がラグビー指導に携わります。「ラグビーエイド」バイスキャプテンの菊谷崇さんも「ブリングアップアカデミー」と言うラグビーアカデミーで指導をしています。ラグビーアカデミーも、それぞれに特色があり、ラグビーのスキル上達に特化した所もあれば、ラグビーキッズの自主性、判断力を養うことに重きを置くところもあります。この夏には菅平で100名近いラグビーキッズを集めて合宿をした所もあります、この合宿には所属するラグビースクールが違うラグビーキッズが参加し、ラグビーを練習し、違うチームのラグビーキッズが団体生活を経験する機会となりました。そんな中「ラグビー フレンドシップ アカデミー」は楽しくラグビーの基礎基本の確立とスキルアップを目的とし、スキル上達に基本を置いた方針で運営して行くようです。メインコーチに小川優輔さん(慶応大学、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス、日野レッドドルフィンズ)、スポットコーチに林大成さん(東海大学、キャノンイーグルス)を迎え、代表兼コーチとして清水佳忠さん(関東学院大学、NTT関東)の布陣で運営して行きます。練習場所は東京都青梅市にある青梅リバーサイドパーク・フットサルコートになります。清水代表はラグビーキッズが平日にラグビーを楽しむ環境が少なく、他のスポーツをせざる得ないラグビーキッズが日常的にラグビーを日常的にできる環境を増やして行きたいと言われています。ラグビースクールとラグビーアカデミーがうまく連携して行くと、ラグビー普及にも貢献します。また、日本ラグビー協会が目論む、新しいリーグ構想の中でトップチーム傘下のラグビースクール、ラグビーアカデミーの存在がラグビーキッズの憧れる花形になるかもしれません。



いいね

関連記事

MENU