尾中哲夫、支援金付肖像画作成

毎月ゴルフダイジェスト(月刊)の表紙を飾るゴルファーの肖像画を描いて24年の尾中哲夫氏が「あなた」の肖像画を描いてくれます。作成料金35万円の内10万円が支援金として「ラグビーエイド」活動に寄付されます。尾中氏は1957年山口県生まれ、スポーツイラストレーターの草分け的存在であり第一人者として、ラグビー、野球、山岳系などを手掛けるだけでなく、村上晃一著の「仲間を信じて」ラグビーが教えてくれたもの、野村克也著「一流の条件」、大元よしき著「1万回の体当たり」タックルマン石塚武生炎のメッセージなど、数多くの本の装丁も飾っています。尾中氏は「ラグビーエイド」活動に賛同頂き、3ヶ月に1枚を条件に支援金獲得のため、ご協力頂く事になりました。お申込みはまずラグビーキッズの「お問合せ」から申込希望の旨、連絡を頂きますように、お願い致します。ラグビー界で尾中氏の自分の肖像画を所有しているのは、第1回ラグビーワールドカップ日本代表キャプテン林敏之さん、自分のプロフィール写真に尾中氏の絵を使用している元日本代表の伊藤剛臣さん、「絵」はまだ日本にありますが尾中氏から「絵」をプレゼントされたトンプソンルークの3人だけです。尾中氏いわくフォワードの選手しか描きたくないとの事。一般の方はどなたでも描いてくれます。


いいね

関連記事

MENU