安村直樹アナ🎤「スッキリ」から卒業

加藤浩次MCからの振りで安村直樹アナウンサーが「スッキリ」から外れる事が分かりました。昨年の日本開催のラグビーワールドカップでは大活躍、ワールドカップ年のラグビー普及に貢献したテレビ関係者の1人に数えられる安村さんですが、今月あと2回のコーナー出演で番組を外れます。安村さんは小学3年生から日本テレビ入社までの15年間をラグビーに打ち込んで来た事で有名です。青山学院高等部から慶応大学に進みラグビーで活躍しましたが、社会人になると同時にラグビーから離れ社業一筋の人となりました。しかし、ラグビー普及の情熱は失わず、「ラグビーが日常にある文化」を、日本でひとりでも多くの方にラグビーの魅力を伝えたいと、前々年度より自分自身がビデオカメラと三脚を担いでラグビーチームを訪問、動画を制作、配信し続けました。週に一度イチオシのラグビー選手を紹介したいと言う思いで「ラグいち」と名付け、チームとの取材交渉から撮影、出演、編集を一人でこなしました。ラグビーを通して全力で取り組む事の大切さ、仲間がいることの心強さを学んだという安村さん。ラグビーキッズ年齢だった小学生の頃の夏休みの思い出は、菅平高原でのラグビー合宿でダボスの丘でのパス回し、ふかふかの芝生へのトライ、ケガで下山した時の悔し涙がラグビーを大好きになった原点だと言われています。ラグビーキッズにとって今年の夏休みは、どんな思い出を作れたのか、新型コロナウィルス感染禍でグランドでの思い出は少ないかもしれませんが、ラグビーキッズの締めくくりのラグビー大会となる、第13回ヒーローズカップは新型コロナウィルス感染禍の中でも、何とか開催されそうです、この機会に思いっきりラグビーを楽しんでもらい、試合に勝っても負けても、いい思い出として残してもらいたいです。


いいね

関連記事

MENU