ヒーローズフェローに伊藤剛臣さんが就任

NPOヒーローズの活動を応援する外部応援団「ヒーローズフェロー」に元日本代表の伊藤剛臣さんが就任した事が発表されました。第12回ヒーローズカップの決勝大会が本年2月22日、23日の二日間、横浜市の保土ヶ谷ラグビー場で開催されました。23日にゲストとして伊藤剛臣さんがヒーローズカップに参加、小学5年生、6年生が繰り広げる試合を観戦、その試合内容に感動され、これからもヒーローズカップを運営するヒーローズを応援して行きたいとの希望を持たれました。「ヒーローズフェロー」は「ハードワーカー&ジェントルマン」を基準に選考され、諮問委員会が認可した元日本代表選手のみが就任できます。ラグビーキッズのお手本となる人間性も素晴らしい選手だけが就任できる名誉ある役職になります。現在7名(東田哲也、大西将太郎、大野均、箕内拓郎、藤田剛、菊谷崇、アンドリュー・ファーガソン・マコーミック)が就任しており、伊藤さんで8人目となります。NPOヒーローズ会長の林敏之さん、副会長の松永敏宏さんの2人のキャップも加えると、日本代表キャップ数が407になる、強力布陣のチームとなります。今回開催の第13回ヒーローズカップは、新型コロナウィルス感染禍での困難な運営となりますが、「ヒーローズフェロー」が応援してくれています。大会の運営を担う実行委員会、運営委員会、各大会でのボランティアの皆さん、そして試合に付き添って頂くドクターに「ヒーローズフェロー」がエールを送ります。


いいね

関連記事

MENU