ラグフェス菅平が今年も開催されます

日本代表合宿が10年振りに菅平で行われました。
サウナが新設されたり他地域の施設と遜色がなくなって来たようでラグビーグラウンドが100面あるラグビー合宿の聖地に日本代表が帰って来ました。
小学生ラグビー選手が1000人集まる「SMBCヒーローズフレンドシップラグビーフェスティバルin菅平」が今年も開催されます。
開催時期は9月21日・22日・23日の3日間となります。
日本代表の合宿は10日間行われましたが、小学生の二泊三日は濃密な時間を過ごせるラグビー漬の合宿となるでしょう。
参加は1日でも個人でも可能な交流戦イベントです。
運営委員長の川嶋信彦NPOヒーローズ理事は「ラグフェスは参加する全ての選手にラグビーを楽しんでもらい、友情を育んで帰ってもらいたい」と企画に苦心されています。
この3日間はラグビーの交流試合だけでなく、ラグビーのスキルアップ講習会やゲームを楽しめるコーナーもある「ラグビー祭」の雰囲気を醸し出すイベントを目指しています。
チーム対抗リレーには選手だけでなくコーチや保護者の皆さんも参加する運動会となります。
今年度、滋賀県野洲市、岡山県倉敷市、岩手県八幡平市と3か所で行われて来たラグフェスの最終となる菅平に集まってください。

関連記事