NPOヒーローズ総会が開催されました

6月9日の日曜日午後にNPOヒーローズ事務局が入るラグビービル1階のラグビークラブハウス98で年1回開催される総会が終了しました。
NPOヒーローズの林敏之会長(第1回ラグビーワールドカップ日本代表キャプテン)から2024年度の体制が発表されました。
第17回ヒーローズカップの組織は前回に引き続きコミッショナー深尾敦(NPOヒーローズ代表理事)、バイスコミッショナー山田章仁(九州電力キューデンヴォルテクス)、中村亮土(東京サントリーサンゴリアス)、実行委員長大野均(東芝ブレイブルーパス東京アンバサダー)、副実行委員長菊谷崇(ブリングアップ)と実行委員会の西尾容子(NPOヒーローズ理事長)、川嶋信彦(NPOヒーローズ理事)、花房三千雄(NPOヒーローズ理事)、財満修平(NPOヒーローズ理事)、深瀬哲弘(NPOヒーローズ理事)、井口祐一(NPOヒーローズ理事)、岡本輝明(ヒーローズカップ関西大会運営委員長)が10月の北海道大会から来年1月の決勝大会まで運営に当たります。
ヒーローズフレンドシップラグビーフェスティバルは既に滋賀県(野洲市)と岡山県(倉敷市)での開催が終わっており、岩手県(八幡平市)と長野県(菅平)での開催が決まっています。岩手県で開催されるラグフェスは6月15日、16日の2日間八幡平市ラグビー場で行われます。
菅平で行われるラグフェスは9月21日、22日、23日の3日間菅平のアンダーアーマー菅平サニアパークで行われます。
NPOヒーローズではラガールキャンプを2025年3月15日、16日に開催予定をしており、海老名市ガールズ・ラグビーフェスティバルは今年の4月28日に開催されました。
NPOヒーローズは小学生の女子選手育成から交流戦、トーナメント戦まで幅広い活動を行っています。
テーマは「こども世代へのラグビー普及と育成」です。

関連記事