【インタビュー】ブラックロック・ジャパン株式会社代表取締役社長CEO有田浩之 〜その1~

ラグビーは荒々しいスポーツに見えて
実は優しい人間の集まりです

 
村上 このコーナーではラグビーに出会ったことによってその後の人生を豊かにした方々にお話を聞いています。今回のゲストはブラックロック・ジャパン株式会社代表取締役社長の有田浩之さんです。まずは、ラグビーとの出会いから聞かせてください。
有田 ラグビーを始めたのは遅いのです。ラグビーというスポーツに憧れたのは高校時代ですが、中学ではサッカー部、高校では剣道部、大学でラグビーを始めました。
 
村上 高校時代にラグビーをご覧になったのですか。
有田 実は一番熱心に取り組んでいたのはサッカーで、高校でもサッカーを続けようと思っていたのですが、個人スポーツをやりたいという気持ちになり剣道を始めました。高校3年生になって、ラグビーっていいなと思うようになりました。当時は慶應義塾大学が強かったのですが、高校時代に全国大会に出るような選手ではなくともレギュラーとして活躍していましたし、そもそも日本のラグビーのルーツ校でもあったので憧れました。早慶戦、慶明戦、大学選手権などいつも慶応を応援していました。
 
村上 当時は関東の大学ラグビーもNHKで生放送していましたよね。
有田 そうです。私が大学(一橋大学)に入るころ(1983年)には、さらにラグビー人気が高まり、国立競技場のチケット売り場に朝5時から並ぶような時代でした。私も大学の練習や試合がないときは並びましたよ。
 
村上 大学時代のポジションはどこですか。
有田 ウイング、フルバックですね。小、中、高と足は速かったのでバックスでしたね。
 
村上 大学時代はどんな目標でラグビーに取り組みましたか。
有田 私が3年生の時に関東大学対抗戦グループに入りました。昭和40年代、関東の大学ラグビーは再編があり、いったん一橋大学は対抗戦グループから外れていたのですが再加盟したのです。当時は現在のようにA、Bに分かれておらず総当たり戦ではありませんでした。慶応とは試合がなく、早稲田大、帝京大、立教大、学習院大といったところと試合をしていました。東大に勝つのは大きな目標でした。定期戦を組んでいる大学の集まりが対抗戦グループですので成城大、成蹊大、上智大、明治学院大、武蔵大などとも戦いました。
 
村上 憧れていたラグビーを大学で始めてみてどうでしたか。
有田 ラグビーがその後の人生を大きく変え、形作ったと思います。ラグビーをやっていたというだけで、その後、社会人になっても交流できる仲間がたくさんできましたし、ラグビーをしていなかった人でもラグビーに理解のある人は多いのです。やって良かったと思います。
 
村上 ラグビーをプレーしたことによって、自分にはこんな熱い部分があったのかと気づくようなことはありましたか。
有田 私はもともと熱血少年だったので、ラグビーでことさらということはありません。ラグビーは荒々しいスポーツに見えて、実は優しい人間の集まりだと思いますので、ラグビーをしたから感情が爆発するというようなことは、私の場合はむしろなくなりましたね。
 
村上 有田さんはやんちゃな少年だったのですね。
有田 そうですね(笑)。いたずら好きで、叱られることも多かったです。
 
村上 就職先に銀行(日本興業銀行)を選んだのはなぜですか。
有田 産業の銀行ということで中立公正で天下国家を論じるような銀行でしたので、日本のために働きたいと思いました。日本興業銀行にはラグビー部があり、グラウンドの横に寮がありましたので、そこに住んでラグビーもしました。銀行のラグビー部が集まったリーグがあって、私の銀行も東大、京大、早大、慶大といった学校の卒業生がいて強かったのです。慶大で日本一になったキャプテンの中野忠幸さんもいました。学生時代は恐れ多い存在で友達になるような人ではありませんでしたが、社会人になって大の仲良しになりました。


~つづく

有田浩之
ブラックロック・ジャパン株式会社 代表取締役社長CEO 
 
一橋大学 経済学部卒業
1987年 日本興業銀行入行
外国為替部を経て、スイス興銀投資銀行部門、東京及びNYの国際資金部勤務
1999年 ブラックロック NY本社 入社
2001年よりブラックロックの日本市場におけるビジネス全般を統括
社外では、2010年 一般社団法人 日本証券投資顧問業協会副会長
2016年 金融庁 金融審議会「市場ワーキング・グループ」委員
20176月より一般社団法人 投資信託協会 理事
2023年 金融庁 金融審議会「資産運用に関するタスクフォース」メンバー

関連記事