ラグフェスが滋賀県で初めての開催

5月19日(日)滋賀県希望が丘文化公園球技場・陸上競技場において「ダイフク ヒーローズフレンドシップラグビーフェスティバルin滋賀」(ラグフェス@滋賀)が開催されます。
地元滋賀県の他に京都府、大阪府、奈良県、兵庫県、愛知県、三重県、岐阜県、富山県、長野県から26のラグビースクールが参加します。
参加選手数は約500人になるようです。NPOヒーローズが主催する「ヒーローズフレンドシップラグビーフェスティバル」も今年で3年目の開催となりますが関西での開催は初めてとなります。
今までの開催場所は山口県、岡山県、長野県、岩手県でしたが、ことしは滋賀県の他に岡山県倉敷(6月1日)、岩手県八幡平(6月15日・16日)、長野県菅平(9月21日・22日・23日)開催となります。
ラグビーの交流戦が中心となるイベントですが、試合会場では参加者が楽しめるアトラクションが催され、チーム対抗の運動会も行われます。
ラグビーのお祭り的な雰囲気が醸し出されます。ラグフェス実行委員で滋賀県開催を担当する岡本輝明さんは参加する選手だけでなく、選手のご家族、チームの関係者皆さんに楽しんでもらうイベントを目指しています、と抱負を語っています。
キッチンカーも出店するようなので一般の方もラグビーキッズが繰り広げるラグビーの試合を観戦に行かれては如何でしょうか。

関連記事