ラグビーママの栄養バイブル㉖

こんにちは、
管理栄養士のきたみのりです
 本日は試合の日の食事について。
試合の食事についてよく質問いただきます
 
毎日の練習を積み重ね迎えた試合当日
知らず知らずのうちに
自分でパフォーマンス落としてしまっていませんか?
 
良かれと思って食べていたあの食品、あの飲み物が持久力や筋パワー発揮のマイナス要因に繋がっていたということが多くあります
せっかくの頑張って練習を積み重ねてきた成果を最大限発揮できるよう
食事も有効に活用していきましょう。
 
本日は3つのポイントに絞ってお話していきたいと思います。

 ①試合で避けたい食品~揚げ物~
唐揚げやとんかつなど脂質が高いものは消化に負担がかかる体に炎症が起きやすいです
強い強度の運動を行うような試合時において消化吸収の機能が低下します
揚げ物は避けましょう。
お菓子や加工品などの脂質が高いだけでなく添加物が多く入り体に負荷がかかりやすいものも注意しておきましょう。
とんかつはNGですが豚はビタミンB群も入っていて効率的にエネルギーを生み出すことができるので試合前にはオススメです。
生姜焼きとかトンテキ、豚しゃぶなどでとる選手が多いですね。
 試合時だと肉まきおにぎりなども活用しやすいですね。
 
②試合で取りたい食品~ごはん~
朝食をパンで済ませていないでしょうか?
成長期である選手たちにとってはそもそも少なくなりやすい糖質源。
そして試合の日は特にエネルギー発揮のためには重要な栄養素になります。
糖質源が不足すると試合の後半疲労が生じやすくなります。
試合の日の朝時間が早くてたくさん食べられない場合は移動中や到着してからなどもうまく活用しましょう。
冷凍フルーツ、ジェル、100%果汁のジュースなどもうまく利用できると良いですね。
また、タイミングについてですが、
 強い強度の運動を行うような試合時において消化吸収の機能が低下します
状況に応じてできるできないあるかと思いますが2〜3時間前から固形の摂取を控えジェルや液状食品を用いることができるととても良いです。
 
試合時において糖質源を増やそうという意識を持っている選手も多いかと思います。
しかし基本の量が不足していて
 「増やしたつもり」になっている選手が非常に多いです
 試合の日の意識だけでなく、日常から足りているのか?不足しているのか?考えつつ食事ができると非常に良いですね。
 
 
③試合で取りたい食品~水分~

 暑くなってきています水分補給も忘れずに
帰宅後体重を測ってみると2%以上の体重低下が見られる場合は要注意です。脱水が起こっています。
尿の色が濃くなっている選手も要注意です。
脱水は熱中症だけでなく筋持久力の低下や筋パワーの低下も招きます。
せっかくの頑張ってきた練習の成果を効率的に発揮するためにも水分摂取心がけていきましょう



 競技やカテゴリー
試合時間が違えばさらに食べるものも違ってくるでしょう

 日常の食事、試合時の食事ブラッシュアップを積み重ねて日頃の成果が発揮できること願っております。

 
【喜多みのりプロフィール】
管理栄養士 アスリート個別栄養サポート 代表
小学生〜オリンピック選手までラグビー、サッカー、野球、陸上、ゴルフ、バスケ、ボクシング、審美系競技
など全国の選手たちの個別の栄養指導を行いパフォーマンスUPに導く。
背を高くしたい・身体を大きくしたい・バテにくい身体を作りたい
アスリートのパフォーマンスUPのための考え方やコツを発信しています★ 
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC-HXGNi0KeGs16kX_4pEMSw

関連記事