【インタビュー】 パナソニック株式会社 エレクトリックワークス社 宮本勝文様 〜その1~


高校で基礎を学び大学で自ら考える癖をつけた
世界でのビジネスを見据えて三洋電機に

このコーナーでは、ラグビーに出会ったことによってその後の人生を豊かにした方々にお話を聞いています。今回のゲストは元日本代表フランカーで三洋電機ワイルドナイツの、同志社大学ラグビー部の監督も務められた宮本勝文さんです。

村上 ラグビーとの出会いからお話を聞かせてください。
宮本 僕は大阪工業大学に進学したいと思っていたので、付属高校(現在の常翔学園)を受験しました。合格して学校に行ったとき、淀川の河川敷にあったグラウンドでラグビー部が練習しているところを見ました。大阪工大高校のラグビー部はその年の正月に全国高校ラグビー大会の決勝に進出し、平尾誠二さんがキャプテンだった京都の伏見工業高校に敗れました。だから存在は知っていたのですが、練習を見たとき、ビビッと来たというか、「ここでやりたいな。俺はここでやるんやろうな」と、そんな気持ちになったのです。それまでは野球、剣道などで運動はしていたのですが、ラグビーとの接点はまったくありませんでした。

村上 自ら入部を申し出たのですか。
宮本 そうです。僕は大阪の中学でラグビーが盛んに行われていることを知らなかったのですが、新入部員が80名ほどいて驚きました。中学の大阪選抜、北河内選抜とか優秀な選手が20名ほどいました。ただ、初心者もいて、荒川博司監督は「初心者でも大丈夫。去年の高校日本代表に大阪工大高から5人選ばれたが、1人は初心者だった」と言ってくださった。東田哲也さんのことですが、僕もがんばろうと思いました。当時の身長は178㎝で、体重は70㎏くらいでした。

村上 強豪高校の練習は初心者にはきつかったのではないですか。
宮本 きつかったですね。1年生の夏は、毎日、もうやめよう、先生に辞めるって言いに行こうと思っていました。でも、ラグビー自体は面白かったです。初心者でしたが、運動能力が高かったので、持久走も短距離走も経験者に負けなかったし、性に合っていたのかもしれません。ボールを持って走るのが楽しくて仕方がなかったですね。

村上 荒川監督はどんな指導者でしたか。
宮本 ラグビーの細かなことよりも、精神面の指導が多かったです。僕のラグビー人生は素晴らしい指導者に恵まれましたが、最初に荒川先生に出会えたのは良かったです。先生が怖いと思ったことは一度もありません。一度だけ頬を軽く叩かれたことがあります。高校2年生のときに膝の怪我をして、自信をなくし、一週間ほど練習に行きませんでした。でも、やっぱりやります、と先生に言いにいったら、パチンと頬を叩かれて、「それでいいんだ」と。その手がすごく暖かくて、この先生に付いていこうと思いました。先生は基本を大切にして、選手を大きく育てようとしていました。「だいたいの精神」とおっしゃっていて、「だいたいでええんや、細かくせんでええ」と言っていました。そんなことを言う指導者は珍しいでしょう(笑)。

村上 同志社大学に進学した理由を聞かせてください。
宮本 大阪工大高のラグビー部のエリートコースは明治大学進学です。でも、同志社大学の岡仁詩先生が僕を高く評価してくださったのです。それに当時の同志社は常に新しいことにチャレンジしていました。それもいいと思ったのです。僕が1年生のときの4年生に平尾誠二さんがいました。大八木淳史さんが5年生にいて、僕と両ロックを組み、NO8に土田雅人さん(現在の日本ラグビーフットボール協会会長)ということもありましたね。

村上 高校、大学でどんなことを学びましたか。
宮本 高校は基本を学び、体づくりをしました。高校時代の一学年上に大西一平さん(明治大学→神戸製鋼)がいて、大西さんが通っていたジムに一緒に行ってトレーニングしていました。ヒンズースクワット30分とかやらされる(笑)。ラグビーは下手でしたけれど、体づくりの努力はしましたね。

村上 大学はどうですか。
宮本 高校のトレーニングが良かったのか、大学に入ってから足が速くなって、ラグビーがさらに楽しくなりました。当時、岡先生が日本代表の監督を務めるなど、海外のラグビー事情にも詳しく、最先端の練習を取り入れていました。同志社はニュージーランドのコーチを招へいしたのも早かったです。自由な雰囲気があり、練習やメンバーも自分たちで考えるチームでした。教えられるのではなく、物事を自分たちで考える訓練ができました。言われたことは本当に正しいのかいろいろな角度から見る癖がつきましたね。

村上 卒業後、三洋電機に入った理由を聞かせていただけますか。
宮本 神戸製鋼という選択肢もありました。でも、神戸には林敏之さん、大八木淳史さん、平尾誠二さん、綾城高志さんという同志社大学の偉大な先輩がいて、絶対に強くなると思いました。一方、三洋電機は全国大会に出られない時期もありましたが、同志社大学の先輩の柴田浩一さんが強化されていて、元気になっていくと感じられるチームでした。だから、神戸製鋼を倒す側に行こうと思ったのです。もう一つの理由は、三洋電機は海外に強く、高校日本代表でニュージーランド、U19日本代表でオーストラリアに行くと、どこにでもSANYOのネオンがありました。僕は海外で仕事することに興味があったので、仕事面でも魅力がありました。三洋の創業者の井植歳男さんは、松下幸之助さんのご夫人の弟さんです。一緒に松下電器製作所を創業しましたが、その後、井植さんは三洋電機を創業します。松下は国内に強く、三洋は海外に活路を見出したということです。

村上 宮本さんもラグビーと仕事を両立されたわけですね。
宮本 当時はそれが当たり前でした。最初は空調部で資材の調達などしていました。ラグビーを引退して、当時の井植会長に海外に行かせてほしいとお願いしました。これからは中国の時代だと思っていたので、香港に赴任して中国との商売をしようと考えました。人口10億人の市場は大きい。希望通り香港から中国向けのビジネスをして、中国がダイナミックに変貌を遂げていくところを目の当たりにしました。

村上 香港でラグビーが仕事に生きたことはありましたか。
宮本 香港には伝統ある香港フットボールクラブ(アジアでもっとも伝統あるスポーツクラブのひとつ)がありました。趣味程度にラグビーをしようと思って入ってみると、メンバーは弁護士、会計士や会社経営をされているような方ばかりでした。三洋の携帯電話を売ろうと考えていた会社の社長が偶然クラブのメンバーで、話を聞いてくれて買ってくれたこともありました。

村上 ラグビーで身についたことが、仕事に役立ったことはありますか。
宮本 同志社大学で物事をいろいろな角度から見ること、常に新しいことを考えることを学びました。もう一つは、日本代表にもなれて、会社を休んで半年間ニュージーランドでプレーしたこともあって、仕事で外国人と接してもまったく物怖じせず話ができました。文化も理解できているので、ここははっきり、イエスかノーを言ったほうがいいということもわかるようになりましたね。


宮本勝文(みやもと・かつふみ)
パナソニック株式会社エレクトリックワークス社 経営企画部上席主幹 兼 スポーツビジネス推進部部長

1966
年、大阪府生まれ。同志社大学を卒業後、1988年に三洋電機に入社。ラグビー日本代表として、第1回・2回ワールドカップに出場し、三洋電機ワイルドナイツ監督(現 埼玉パナソニックワイルドナイツ)や、同志社大学ラグビー部監督を歴任。現役引退後は社業に邁進し、三洋電機の執行役員やパナソニック・ライティング・ヨーロッパ社長などの経歴を経て、2020年より、現職。


関連記事