ラグビーキッズ特派員レポート①

第16回ヒーローズカップ決勝大会開催さる

第16回ヒーローズカップ決勝大会は2024年1月27日(土)28日(日)の両日神奈川県横浜市の日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で行われました。当日は雲一つない快晴。真っ青な空がスタジアムのスタンドの形に青色の色紙を切って張り付けたように広がっていました。昨年は記念大会の為、24チームの参加でしたが、今年は元に戻って各地区からの16チームで行われました。各地区の参加チーム数に合わせるように北海道1、東北1、関東5,東海北陸2、関西4、中国四国1、九州2の計16チームが予選を通過して決勝大会に臨みました。開会式では北海道から入場行進を行いました。東北代表の八戸少年ラグビースクールの先頭には予選決勝で同点引き分けの高清水ラグビースクールのジャージもともに行進していました。選手宣誓では札幌ラグビースクールの西山陽太君が元旦に被災した石川県にも触れ、ラグビーできることに感謝する宣誓があり、会場から大きな拍手がありました。
 さて、試合は16チームが抽選により4つのブロックに分かれて戦います。
Aブロックは福岡県のかしいヤングラガーズ、東京都の江東ラグビークラブ、青森県の八戸少年ラグビースクール、大阪の東大阪KINDAIラグビースクールが戦いました。まず、かしい対江東の試合はかしいが素早い展開から先制のトライ。江東も負けずに同点、かしいがPKから突進で、トライ。相手ミスを生かして続けてトライ。前半を15-5とかしいがリード。しかし江東は後半鮮やかに展開して加点、続けて自陣ゴール前から思い切ったFBの参加ですぽっと抜けるとそのままトライで同点。初戦から好試合を見せてくれました。抽選の結果、かしいが次戦に進むこととなりました。江東は抽選には恵まれず、ヒーローズカップでは4年間引き分けがあっても負けていないということになりました。八戸対東大阪は開始早々八戸が攻め込み、もう少しでトライというところまで行きましたが落ち着きを取り戻した東大阪に徐々に押し込まれ前半を15-0とされました。東大阪はサインプレーも交え、加点。八戸は終了間際につないで1トライ。45-5で東大阪が勝利しました。ブロック決勝はかしい対東大阪。かしいが素早い展開で2トライ先取。そのスピード、速さにめんくらっていたような東大阪でしたがキックオフをうまく処理するなど逆に3トライをあげ、逆転してハーフタイム。後半に入るとかしいが巧みなステップで同点。さらに粘って決勝トライ。20-15で勝利しました。両チームともハイレベルな攻防を見せてくれました。東大阪は攻守によくバランスの取れた好チームでした。かしいはボールリサイクルが早く、初めて対戦するチームには驚きだったと思います。江東対八戸の順位決定戦は江東が攻守に圧倒。40-5と八戸を1トライに抑えました。
Bブロックは奈良県から初出場となるやまのべラグビー教室、神奈川県の相模原ラグビースクール、長野県の伊賀良ラグビースクール、神奈川県の鎌倉ラグビースクールの対戦となりました。やまのべは関西大会より一段とつなぎがレベルアップ。タックルされてもうまくつないでトライにつなげます。対する相模原も攻守にバランスが取れ、しっかりタックルに行き、ここぞという時サインプレーを決めます。試合は5-5から相模原が突き放すもやまのべも追いつき同点。その後も相模原がWTBのうまいカットインでトライ。やまのべも負けじとトライ。終盤までもつれ込みますが最終的に20-15で相模原が勝利。敗れたとはいえ、やまのべのつなぎには驚かされました。伊賀良対鎌倉は鎌倉が開始早々からトライを重ねます。BKが縦に切れ込んだり外にずらしたりと多彩な攻撃を見せます。伊賀良も懸命にタックルに行くのですがうまくずらされ、つながれます。しかし終了間際縦攻撃からつないで1トライ。意地を見せました。結果、50-5で鎌倉の勝利。ブロック決勝はお互い手の内を知った者同士の神奈川県対決。キックオフからラッキーなバウンドを生かし相模原が先制。鎌倉も早い展開からトライ。相模原も力強いランナーでトライ。鎌倉もループパスからトライ。両チーム譲らず前半は15-15の同点。後半に入っても目の離せない好ゲームとなりましたが終盤に鎌倉に小さなミスが続き、最後まで詰め切れない。逆に相模原はゴール前のブレイクダウンをターンオーバー。トライにつなげて最終的に25-20で相模原の勝利。手に汗握るとはこんな試合だと思いました。やまのべと伊賀良の順位決定戦は35-5でやまのべがつないで勝利。
Cブロックは岡山県の倉敷ラグビースクール、愛知県の豊田ラグビースクール、大阪の大阪中央ラグビースクール、兵庫県の兵庫県ラグビースクールが戦いました。倉敷対豊田は豊田がキックオフをうまくキャッチ。練習の成果が見られます。対する倉敷も切れ味あるBKが豊田のアタックを止めます。緊迫した試合は前半を10-5と豊田がリード。後半に入ってじわじわと豊田が加点しますが、粘る倉敷もトライし最終は20-10でトヨタの勝利。激しいコンタクトの豊田に果敢にタックルに行く倉敷は見事でした。大阪中央対兵庫県は兵庫県の気迫あふれる連続攻撃で2トライ先制しますが、落ち着きを取り戻した大阪中央が徐々に挽回。10-10の同点で前半を終了。後半に入ると大阪中央が自陣深くからサインプレーで逆転。兵庫県も最後追い上げますが25-20で大阪中央の勝利。ブロックの決勝は豊田対大阪中央。夏の段階では大阪中央が優勢でしたが、はたして。試合は気合十分の豊田がスピードあふれるアタックで2トライ先取。10-0とリード。大阪中央もウィングが走ってトライ。15-5で前半を終了する。後半に入って最初のトライは大阪中央。5点差に迫る。しかし突き放す豊田。追いすがる大阪中央。終盤とうとう、大阪中央が20-20の同点に。そのキックオフから豊田が展開。つないで最後は独走になってトライ。熱戦に終止符が打たれました。25-20でトヨタの勝利。倉敷対兵庫県は倉敷がリードするも、兵庫県が追いつき、15-15の引き分け。抽選の結果兵庫県がボウルトーナメントに進むことになりました。
Dブロックは北海道の札幌ラグビースクール、群馬県の高崎ラグビースクール、中鶴少年ラグビークラブ、神奈川県の横浜ラグビースクールの戦いとなりました。札幌対高崎は札幌が先制。高崎の縦攻撃が徐々に威力を発揮し逆転すると点差を広げていきました。札幌は少ない人数ながらよく展開し、よくタックルに行きますが、高崎の体を活かした縦の連続攻撃に得点を許しました。結果80-10で高崎の勝利。中鶴対横浜は中鶴がラックサイドを続けてついてその後の展開にかけましたが、横浜のディフェンスを破ることができませんでした。横浜は各選手が自分の役割を淡々と果たし確実なディフェンスを見せていました。結果35-15で横浜の勝利。ブロックの決勝は高崎対横浜。この試合も激戦。横浜が早々とトライし、このままペースの乗るかと思われたが、高崎はアタックが強烈。大きな体を活かしての攻めに横浜がしのいでいる状況の中、高崎がトライし、5-5の同点で前半を終了。後半に入ると横浜が地力を発揮。連続トライでじりじりと点を広げるが高崎も粘る。結果15-10で横浜の勝利。高崎はあと少しというチャンスを小さなミスでトライにつなげられなかったのは残念。札幌対中鶴は中鶴がトライを量産。札幌を2トライに抑え快勝。
初日の結果4ブロックの決勝はいずれも1トライ差の接戦。決勝大会の抽選は地域性も考慮され行われましたが、いかに全国の力が均衡しているかわかる結果となりました。

*二日目は、明日に続く

関連記事